楡工房 にれこうぼう 建築設計事務所 新築 リフォーム 地震対策 インテリア 等の設計 住宅 別荘 共同住宅 店鋪 事務所 ソーラーハウス 健康に配慮した素材

前の仕事 次の仕事

家のまわり

 家はそこに住む家族によって性格や表情が様々に変わりますがその家を取り囲む[家のまわり]もまたさまざまな表情を持っています。

盆栽のように刈り込まれた木と石の和風の庭、低い樹木でまわりを囲ったもの、コニファーと花壇でつくられた西洋風の庭、など色々なデザインが見られます。

 真に心地よい住まいとは、自然の持つ力を取り入れながら、自然の変化を受け入れ、季節の移ろいを楽しめるようつくられた住まいです。それは、太陽の持つ暖かさを取り入れ、心地よい風を呼び込み、木陰が持つ心地よさなどが生かさされたものとなるはずです。
 限られた敷地の中で自然とともに暮らす住まいをつくるためには、夏の日射から住まいを守る木陰をつくる樹の場所を確保し、冬の暖かな日だまりをつくり、風を呼び込むために人の目線を気にせずに開け放すことのできる開口部を作る、という事が大切になります。また、戸外の生活が楽しめるように、部屋の延長となるような囲まれた戸外の空間をつくれば、住まいはより豊かなものとなるはずです。このような「家のまわり」を作るためには計画の最初から家と家のまわりを一体に考えることが必要となります。「敷地全体をデザインする」ことが心地よい住まいの環境をつくるために最も大切な事と私達は考えます。

 また、その土地にあった樹を自然な樹形を生かし大きく育て、樹から樹へと緑の回廊が連続し、街路樹や公園の緑とつながるようになると、私たちの街のありようも大きく変わるのではないでしょうか。